studio-DA 動画制作/印刷デザイン/看板製作/イルミネーション工事/店舗デザイン・外装・内装

幼稚園/保育園【群馬県-看板】

幼稚園の看板はかわいくスタイリッシュに

■幼稚園で必要な看板とは

幼稚園でもさまざまな看板が活躍しています。
幼稚園の名称を表示する銘板をはじめ、保護者の駐車場を案内する案内板、近隣地域とのコミュニケーションツールにもなる登園時などの交通注意の看板、園児と周辺を通る車へ向けた飛び出し注意の看板、園児募集の看板などです。
それぞれ、どのような看板が適しているでしょうか。

■銘板の種類やデザイン

門前や塀などエントランスエリアに設置し、幼稚園の名称を表示する銘板は耐候性のあるステンレスベースのプレートが選ばれています。
文字のスタイルやデザインにより、幼稚園のコンセプトやイメージに合わせた銘板が完成します。

・威厳ある雰囲気

学校法人の付属幼稚園などブランドや気品を強調したい場合には、厳格な文字で威厳あるスタイルにすることが好まれがちです。
園児向けにはかわいいデザインが良さ気にも思えますが、保護者や近くを通る人に向け威厳や気品を表現できるデザインが選ばれています。

・おしゃれな雰囲気

近隣が商業エリアである場合やおしゃれな住宅街の一角にあるといった幼稚園では、デザイン性が高いステンレス切文字などを用いたスタイリッシュな銘板も好まれます。
門前の植栽に設置するなど、設置スペースに合わせて大き目のステンレスベースの銘板を制作し、着色したステンレス切文字で、園名を浮き立たせることが可能です。
スタイリッシュで存在感があり、浮いた文字は園児にもウケが良くかわいいテイストも感じられます。
植栽の中に設置しても、浮き立つ文字なので視認性も抜群です。
銘板に入れる文字を切り文字にすると、立体感が生まれ重厚な印象にもなります。

■飛び出し注意の看板

園児たちの安全を守るべく、園前の横断歩道や近隣の交差点などに設置する飛び出し注意の看板は、周辺を通る車やバイク、自転車などへの注意喚起と、園児たちに向けた注意喚起の両方の役割を果たしています。
飛び出し注意の文字を大きく太く、視認性のあるデザインで表現するとともに、何に注意すれば良いのか、園児のイラストを入れるデザインが良くあるパターンです。
かわいい園児のイラストを表現することで、周囲を通る車のドライバーや近隣住民が気を付けなくてはという意識を高めてくれます。
一方、園児や保護者も、そのイラストを見て交通ルールを守ろうという安全意識を高めることにつながります。

■園児募集の看板

園児募集の看板は常時取り付けているケースもありますが、定員が満員になったときに備えて、簡単に取り外しもできるタイプがおすすめです。
先生たちが気軽に取り外しや装着をしやすい、軽量で大きすぎないサイズで、門前やフェンス、塀などに簡単に取り付けられるタイプがおすすめです。
表面にラミネート加工などを施すことで長期間持続する耐候性も高まり、汚れが付いても簡単に拭き取れます。
カラフルな文字やポップなカラーで園児募集の文字と、連絡先のみのシンプルなデザインや、園児のイラストや、かわいい動物のイラストやかわいいお花などのイラストを入れるデザインも人気です。

■駐車場の案内板

幼稚園の駐車場は先生向けの専用駐車場と、保護者向けの駐車場に別れているケースが多いです。
保護者向けの駐車スペースは常に車が停まっている状態ではなく、送り迎えの際に5分から10分ほどの極めて短時間で、保護者の車が次々に入れ替わって利用されます。
登園や閉園時間以外は、近隣の住民向けに開放して地域との交流を深めている園も少なくありません。
こうした特殊な事情がある駐車場の利用について、注意書きやルールを定めた案内板の設置が必要になります。

・伝えたいことを明確にわかりやすく

保護者や近隣住民、近くを通る車などとスムーズな連携を図り、お互いが不快な思いをすることのないよう、事故が起こらないよう安全を確保するためのメッセージを伝えることが必要です。
「○~○時(登園時間帯)、○~○時(閉園時間帯)は車の出入りが激しくなりますのでご注意ください。
ご理解ください。」といったメッセージを入れることや近隣の方に向けて「駐車場の開放は、○~○時の間でご利用ください。」といった案内を表示します。
保護者に向けて「停車時はアイドリングストップしてください。」など、周辺環境や近隣住民に不快な思いをさせないようルールを明記するケースも少なくありません。
近隣住民や車で乗り付けたほうが、視認しやすいサイズと文字の大きさ、色を用いることがポイントです。

■看板の取り付けまでしっかりと

取り外しが簡単にできる軽量な看板もありますが、銘板や駐車場案内板、飛び出し注意の看板はそれなりの大きさや重量があります。
万が一、突然落下したり、強風などで倒れたり、飛ぶようなことがあってはいけません。
園児たちの安全を守るためにも、看板製作の品質はもちろん、設置まで丁寧かつ責任を持って対応し、アフターフォロー体制も万全の地元の業者に任せるのが安心です。


SNSでフォローする