studio-DA 動画制作/印刷デザイン/看板製作/イルミネーション工事/店舗デザイン・外装・内装

不動産【群馬県-看板】

不動産会社の集客や成約アップに役立つ看板の種類やデザイン

■不動産会社で活躍する看板の種類とデザインについて

不動産会社ではお店に足を運んでもらうことや競合他社ではなく自社を選んでもらえるように集客効果を高める店舗の看板のほか、管理する分譲地や売地、中古住宅などの売り物件の購入者募集や賃貸物件の入居者募集などの案内板などが使われています。
必要な看板の種類ごとにどのような役割や特徴があり、どんなデザインがおすすめか見ていきましょう。

■会社の看板

不動産会社は近年でこそバーチャル内覧やオンライン商談も普及してきましたが、基本的には実際に見て打ち合わせや検討を重ねて決まるものです。
そのため、顧客が不動産会社に直接来訪する機会も多いです。
あらかじめ、希望する物件を探したうえで、問い合わせのうえ来店する人がいる一方、引っ越したい地域などに訪れ、地域にある不動産会社にふらりと訪れる人もいます。
また、購入希望者や入居希望者だけでなく、売りたい人、貸したい人からも選ばれる必要があります。
集客を促進し、頼られる地元の不動産会社になるために、どのような看板が必要で、どのようなデザインにすれば良いのでしょうか。

・売買メインで求められる誠実性を感じる銘板

マイホームは一生で一番高額な買い物と言われるように、マイホームに限らず、土地や建物などの不動産は高額な取引になります。
高額になる売買契約メインの不動産会社なら、会社名を表示する銘板は誠実性や信頼度が高まる、クラシカルで気品あるデザインがおすすめです。
落ち着きのあるカラーや格式ある文字スタイルを選ぶなど、老舗感や伝統をイメージさせる信頼してもらえる銘板を掲げましょう。

・賃貸メインなら親しみやすさも大切

賃貸契約メインの場合、その地域における主なターゲット層にもよりますが、来店しやすい、相談しやすいという親しみやすい銘板がおすすめです。
大学の近くなどは学生さんの顧客も多く、駅近なら若い社会人、住宅街なら新婚カップルや子育て中のファミリーなどがやってきます。
初めて賃貸住宅を探す人も多いうえ、何度も引っ越しをしている人も、その地域では初めての方が多いので、ほとんどの方が初めて入る不動産会社となります。
だからこそ、「ここなら相談しやすそう。」「すぐに見つけてくれそう。」と思わせるようなデザインの銘板がおすすめです。
学生さんが多い地域ならポップなデザインやカジュアルなテイストで、社会人やカップルが多いならスタイリッシュでおしゃれなデザイン、ファミリー層ならアットホーム感と高級感を兼ねそなえたデザインにしましょう。

・宣伝効果もある壁面看板の活用

店舗の壁面やガラス窓を使った壁面看板の場合、どのような内容にすれば良いのでしょうか。
店舗の正面やガラス窓に物件情報の張り紙を、目一杯掲示しているケースもあります。
すぐ近くを通る人にはある程度効果的ですが、少し離れた距離からでは情報が伝わりません。
通りの向こう側を歩く方や車を運転中の方からも目を留めてもらいたいなら、創業時からの年数や売買実績の件数などを載せて頼もしさをアピールすることや取り扱っている賃貸物件数や一押しの新築物件の案内などを大きくアピールするのがおすすめです。
夜間でも見えるよう、スポット照明を取り付けてライトアップも図りましょう。

■現地看板

不動産会社においては自社の看板だけでなく、物件の現地看板も重要な役割を果たしています。
現地に立てる看板には販売中や入居者募集中であることをPRするだけでなく、自社が管理している物件であることを明示し、不法侵入や不法投棄、不法占拠などを防ぐとともに、何か問題が生じた際に近隣の方から通報してもらうなどの役割も果たしているのです。

・分譲地や売地

売買する土地での看板は極めてシンプルです。
「売地」、「分譲地」といった大きな文字に、不動産会社名と電話番号くらいのシンプルなものがほとんどになります。
不法投棄や不法利用などを防止する役割も果たしますので、設置すること自体がポイントです。

・住宅物件

中古の一戸建てやマンションの場合、住宅そのものに看板を立てることはほとんどありません。
その代わり、近隣の電柱や店舗の壁などに許可を得て、間取りや価格、築年数などを表示した板看板を取り付ける例が少なくありません。
また、オープンルーム開催時には、オープンルーム開催中の案内板が必須です。

・賃貸物件

賃貸管理を行っている物件については、満室、空室ありを問わず、アパートやマンションの敷地に「入居者募集中」の文字と不動産会社名と電話番号を表示した看板を常設するのが一般的です。
また、近年はホームページのアドレスや物件のQRコード、インターネット完備などといった一押しポイントなどを案内する看板を取り付けるケースが増えています。
新築物件で大々的に宣伝をしたいときには、アパートの2階の共用廊下部分に横断幕を掲げることや屋上屋根から垂れ幕を垂らして「入居者募集中」をアナウンスする方法もあります。


SNSでフォローする