studio-DA 動画制作/印刷デザイン/看板製作/イルミネーション工事/店舗デザイン・外装・内装

唐揚げ【群馬県-看板】

唐揚げの売上アップに役立つ販促アイテムといえば看板とのぼり旗

■唐揚げの販売促進に看板を活用しよう

日本人が大好きな食べ物の一つが唐揚げです。
単品はもちろん唐揚げ弁当も根強い人気があります。
飲食店の販売促進には看板が効果的で、「唐揚げ」「からあげ」などの文字を見て、入店を決めるというお客様は少なくありません。
イラストや写真を入れると、さらに食欲を誘うことができるでしょう。
看板は大手ECサイトでも販売されていますが、オリジナル品を制作するなら専門店がおすすめです。
群馬県の看板制作会社なら、店舗のコンセプトを配慮して制作してくれるでしょう。

■手書きの立て看板は制作費用がリーズナブル

無地の立て看板を用意し、手書きで制作すれば安く仕上げられます。
書いて消せるタイプのボードであれば、メニューや価格変更の際にも臨機応変に対応できるでしょう。
手書きのメリットはアットホームな雰囲気を演出できることです。
販売促進にはのぼり旗をメインに活用し、補助的に手書き看板を設置するという手もあります。
立て看板は価格がリーズナブルで、飲食店用は書いて消せるタイプが多いです。
黒いボードに白マーカーという組み合わせは定番です。
立て看板を設置する際は、おもりで風対策をしましょう。
突風が吹いたときに、運悪く歩行者に当たってしまう可能性が考えられるからです。
また設置する際は道路に干渉し、人や車の移動を妨げることがないようにします。
あまりに大きな看板ですと、死角を増やす原因になるので要注意です。

■のぼりは飲食店に欠かせない販売促進方法

日本は非常にのぼりの設置が多い国だと言われています。
海外から観光客がやってきたとき、のぼりの多さに驚くという人は少なくありません。
唐揚げの宣伝をする場合は、一般的に看板よりものぼりを使用することが多いです。
屋外に等間隔で設置すれば、見てもらえる確率が高くなります。
イラストや写真を配したデザインであれば、瞬時に唐揚げを販売していると認識してもらえます。
のぼりは看板と比べて制作費用が安価で、大量に設置したい状況で最適です。
他店との区別化を強調したい場合は、既製品ではなくオリジナル品をおすすめします。
たとえば、普段私たちが目にしている商品のロゴは、通常の文字よりも記憶に残りやすいのです。
オリジナルのロゴを制作するだけで、自店舗を利用してもらえる確率が高くなります。
販促においては「忘れられないこと」「思い出してもらえること」が重要です。
お客様がふとした瞬間にロゴを思い出し、「からあげを食べたい」と思ってくれれば最高です。

■一般的なのぼりのサイズは

横60cm、縦180cmというのが一般的なサイズになります。
屋外に設置する場合の間隔は、180cm間隔がベストだと言われています。
多く設置すればするほど発見してもらえると思うかもしれませんが、実は適切な間隔があるのです。
むやみに設置してしまうと、店舗の外観を損ねることになりかねません。
お客様は飲食店を利用するとき、店舗の雰囲気もチェックしています。
のぼり旗の設置枚数が増えすぎると、隙間から店舗を覗くような感じになってしまいます。
外観を損ねずに集客効果を高めるには、180cm間隔が好ましいわけです。

■宣伝効果を上げるための工夫を

まったく同じデザインののぼり旗であっても、複数設置すると非常に目立つようになります。
4枚のうち1枚だけ異なる配色・デザインにするなど工夫すれば、さらに視認性は高まるでしょう。
それぞれ異なるカラーリングにするという方法も目立ちやすいです。
唐揚げののぼり制作は、専門店に依頼しても制作費用はそれほどかかりません。
そのため手書きで自作をする人は少ないです。
のぼりは屋外に設置することが多く、雨風の影響を受けてしまいます。
手書きで制作をすると、雨でインクがにじんでしまう可能性があります。
また、きれいに仕上げるのが難しいですし、インク代も無視できません。
それゆえ自作をする人はあまりいないわけです。

■立地条件に合わせて看板の設置を

一般の住宅を例にしても、全体的な調和を考慮する必要があるでしょう。
屋根と外壁の配色のバランスが悪いだけで、見た目が浮いてしまうのです。
これは飲食店にも言えることで、看板は建物のイメージに合わせたものにする必要があります。
古風な建物におしゃれな看板を設置しても、アンバランスになってしまうでしょう。
のぼりと違って頻繁に交換ができないからこそ、失敗を避けることが大切です。
ドライブインにある店舗であれば、大型看板を設置するのがおすすめです。
当然ながら面積が大きいほど、さまざまな情報を盛り込むことができます。
料金や食べ放題の文字などを入れつつ、視認性を高められるのです。
車がほとんど通らないような道沿いにある店舗ならば、歩行者用の看板を設置しましょう。
この場合はそれほどサイズを大きくする必要はありません。
車は急には止まれませんが、歩行者は移動スピードが車より遅いですし、いつでも止まることができます。
そのため看板内の文字数が多くても、確認してもらえる可能性は高いです。


SNSでフォローする