studio-DA 動画制作/印刷デザイン/看板製作/イルミネーション工事/店舗デザイン・外装・内装

調剤薬局【群馬県-看板】

調剤薬局における看板のデザインの定番から見直しまで

■調剤薬局で必要な看板の種類

調剤薬局と一口にいっても、さまざまな規模やスタイルのお店があります。
大手ドラッグストアや一定の地域で展開する中小チェーンのドラッグストアと併設されている調剤薬局、地域に根差した病院前やクリニック脇、住宅街などの一角にあるタイプもあります。
薬局名をはじめ、来店を呼び込むためのさまざまな案内表示や、取り扱いアイテムに関する情報、信頼性や専門性を伝えるためのサインが必要です。
どのような看板が必要で、どのようなデザインが向いているのか考察していきましょう。

■ドラッグストアの看板

大手のドラッグストアはチェーン店が多く、建物の看板も含めてスタイルやデザインが決まっています。
夜間営業はもちろん、24時間営業の店舗も多いので、夜間には光る内照看板などが設置されます。
ドラッグストアは医療への信頼に結びつきやすい青や救急のイメージのある赤をストアカラーにしているケースが多いです。
青や赤はライトを当てても、夜間は映えない色なので、来店客からすると「あれ、営業していないのかな?」とか、「閉店しちゃった?」と思われかねません。
駐車場を示すPマークを全面ライトの内照看板などにすることで、営業中をアピールできます。

■調剤薬局の看板

ドラッグストアに併設されるタイプと、単独店舗があります。
どのような看板が必要でしょうか。

・どの医療機関の処方箋を受け付けているのか

いずれのタイプでも、「処方箋受付」という重要な役割を示す表示の看板を掲げるのが、定番化しています。
また、どこの処方箋が受け付けられるかを案内すべく、地域にある病院名やクリニック名を連ねる看板を掲げるケースも少なくありません。
規模を問わず、地域でよく利用されている医療機関名をできる限り列挙することで、処方箋を持ってきた人や今後利用する可能性がある地域の方に、ここで気軽に薬が受け取れるという安心感を与え、利用してもらう意識づけをもたらします。
医療機関名の列挙は事務的な連絡のようにも思え、近隣の総合病院など代表的な2~3つほど記載すれば良いと思われがちですが、広域エリアにある大学病院や地元で親しまれているクリニックなどを地域の方の利用度が高い医療機関を掲載しておくことで、利用者が増えるメリットがあります。

・銘板のデザインはどうする?

建物の屋根や正面、エントランスなどに設置する調剤薬局名を示す銘板は、どのようなデザインにすればいいでしょうか。
チェーンであれば、それに従う必要がありますが、個人経営や法人経営の場合は取り決めたコーポレートカラーやロゴマークなどを用いながら、来店しやすいデザインにするのがおすすめです。
調剤薬局は病気やケガで苦しんでいる患者さんご本人や、本人を心配する家族などが訪れる場所なので、ホスピタリティや安心感あるカラーやデザインがおすすめです。
縁起の悪い白黒のモノトーンカラーや、緊張や興奮を高める濃い黄色や赤などは避け、心を落ち着かせる淡いグリーンやピンク、水色などパステルカラーやポップなカラーが選ばれています。
名称を掲げる文字は、優しい丸みのある文字で浮き立つ切り文字にすることや1文字ずつさまざまなカラーのカッティングシートを使って、カラフルな文字にすると、気持ちが明るくなることや前向きな気持ちになって来店しやすくなります。

・ライトアップも重要

ライフスタイルに応じて夕方や夜間も営業するケースも増えているので、内照看板にすると暗くなっても銘板などがライトアップされて、視認性を高めてくるのでおすすめです。
ランニングコストが抑えられる省エネ性能に優れたLEDライトを用いれば、閉店後も電気代を気にすることなく明け方まで照らし続けられます。
閉店後もライトアップする意味は、閉店後に通行する人たちに、ここに調剤薬局があるという宣伝効果とともに、防犯にも役立つためです。
大切な医薬品のストックや処方箋情報などの個人情報など、取られてはいけない重要なものが店内にはたくさんあるため、施錠管理やセキュリティシステムに加えて、ライトアップにより、不審者の侵入抑制を図りましょう。

■駐車場の案内板

群馬県は車社会なので、ドラッグストアや調剤薬局に行くにも、多くの方が車を利用し、広い駐車場や来店客向けの専用駐車場が用意されています。
駐車場の案内版は、少し離れた場所からも視認できるよう大きなサイズで、かつ、夜間でもわかりやすいよう、内照看板であることがベストです。
極めてシンプルに「P」の文字や「駐車場」の文字のみのケースも多いですが、店名を入れて〇〇専用駐車場などとする場合もあります。

■店舗内の案内サイン

ドラッグストアなど、調剤以外に日用品や化粧品などを販売している場合、店舗内の案内サインも不可欠です。
アクリル板にカッティングシートやインクジェットシートを貼り付けたタイプなど、比較的低コストでデザインのバリエーションに富んだものがおすすめです。


SNSでフォローする