studio-DA 動画制作/印刷デザイン/看板製作/イルミネーション工事/店舗デザイン・外装・内装

塾/学習塾【群馬県-看板】

学習塾の集客におすすめの看板の種類やデザイン

■学習塾の看板に求められる役割

学習塾の看板の役割は、受講生がやってくる目印となるとともに、通りがかった方が見ることで、塾の存在に気付き、通ってみたい、子供を通わせたいなど興味を持たせて集客につなげる効果が期待されています。

・塾の集客に必要な看板の種類

ほかの塾と差別化を図って学習塾の存在感を示し、集客を行うために、どのような看板を設置すれば良いでしょうか。
名称を掲げる銘板をはじめ、指導法や講師の紹介や合格率などのPRもしやすい壁面看板、そして、使い勝手も良い自立看板などがあります。
それぞれの役割やおすすめのデザインなどを見ていきましょう。

■学習塾の銘板におすすめのデザイン

塾名を掲げているものや建物正面のメインに添える銘板は、大手の進学スクールなどではデザインが一律で定められていることもありますが、個人経営の塾などの場合は印象に差がつく重要な役割を果たします。
老舗の進学スクールなどでは伝統や厳格なイメージを強調すべく、紺などのお堅いカラーがスクールカラーとして使われていることが少なくありません。
一方、個人経営など小規模や中規模な塾の場合は、どのようにしたら良いでしょうか。

・親しみやすさと信頼性をアピール

初めて訪れる場所や初めて会う先生への不安、本当に成績アップさせてくれるのだろうかという心配を抱える生徒や保護者に安心感や信頼感を与える色を選びましょう。
自然の森をイメージする淡いグリーンや空や川のせせらぎをイメージさせる淡い水色はよくスクールカラーとして選ばれています。
小学校のお受験など幼児向けの塾なら、子供たちが好む色で、合格にも縁を持つ桜色もおすすめです。

・ライトアップも不可欠

銘板やメイン看板は夜間でも視認性が高まるよう、スポット照明を設置するか、内部から光る内照看板にしましょう。
塾は子供たちが学校を終える夕方から夜間がメインの開校時間になります。
夜間に存在感をアピールするのはもちろん、子供たちの安全を守るためにもライトアップは欠かせません。

・防犯対策に

スポット照明の役割は暗くなってからも、塾名を際立たせるなど宣伝効果を持続させるだけでなく、訪れる子供たちの防犯対策としても重要な役割を果たします。
塾は人通りがさほどない住宅街の一角であったり、逆に夜間も賑わう商業地区の一角などにあったりします。
不審者などに狙われたりしないよう、周囲を明るく照らし、通ってくる生徒や帰宅時の安全を守りましょう。

■壁面看板で伝えたいこととは

壁面看板は塾名などの基本情報ではなく、宣伝ツールとして使いましょう。
個別指導などの指導スタイルのアピールや対象学年やコースの案内、主要な学校への合格率などを掲示するのがおすすめです。
通りがかった学生や保護者がどんな塾なのかがわかるような内容を、端的に掲載しましょう。

・ガラス面に

建物によっては壁ではなく、全面窓ガラスといったケースも少なくありません。
その場合には、より気軽に宣伝の掲示ができる方法があります。
カッティングシートと呼ばれる色とりどりのシートから、文字やイラストを起こし、窓ガラスに貼り付けるという方法です。
文字やイラストを印刷するのとは違い、もともと色が付いたシートを用いるので発色がとても美しく視認性にも優れています。

耐久性に優れている

室内から貼り付ける場合、外側から見える文字の向きなどに気を付ける必要がありますが、1階の窓など外側から作業できるなら、外側に貼り付けることも可能です。
ラミネート加工され、水に強く、耐候性にも優れているためです。
車や船にも貼り付けて使われている素材で、一般的に屋外設置でも5年耐候性を持ちます。
雨や水に濡れても、粘着力が弱まる不安はありません。

簡単に変更できる

耐久性は高いですが、文字を直接記載する看板や文字を刻んだ看板などとは異なり、必要に応じて張り替えることが可能です。
毎年の合格率を更新する、季節ごとに春期講習や夏期講習などの案内に張り替えるなど、講師やスタッフでも気軽に対応できます。

■自立看板でアピールしよう

自立看板は塾の入り口やスクールがあるビルのエントランスなどに設置して案内表示やPRなどができるツールです。
ビルの上階にスクールがあり、初めて来る方などにわかりにくい場合には、名称や階数、開講時間などを示した案内版を設置するのがおすすめです。
開講時間中に設置することで受講生への目印になるだけでなく、このビルの上に塾があるのだと興味を持ってもらえ、宣伝にもつながります。

・キャンペーン効果の高いA型看板

規模や場所を問わず、用意したいのがA型看板です。
アルファベットのA型をした自立式の看板で、両面にポスターやチラシなどを挟んでアピールすることができます。
大手のスクールなら、本部から送られてくる夏期講習などのポスターを入れることや模擬試験の開催ポスターなどを入れて集客ができます。
個人の塾でも手製のチラシや制作会社に作成してもらったポスターなどを入れて集客や販促ができるのがメリットです。


SNSでフォローする