studio-DA 動画制作/印刷デザイン/看板製作/イルミネーション工事/店舗デザイン・外装・内装

魚屋屋【群馬県-看板】

魚屋の看板作りはここがポイント!木板に筆文字で威勢の良さをアピールしよう

■魚屋らしい看板とは

お店の宣伝をして人の目を惹くことができる看板は、店舗の売上向上に欠かせません。
魚屋も看板をうまく活用することで、よりいっそう集客が期待できるはずです。
そこで大切になってくるのが、魚屋らしい看板作りです。
取り扱う食材がパンやケーキ、野菜などとは異なり魚を販売するからには威勢の良さや新鮮さ、活気をアピールすることが必要と言えます。
ナチュラルでかわいいデザインより、イキイキとしたダイナミックな字体のほうが魚屋らしくないでしょうか。
魚を扱うのであれば、その活気の良さを伝えるために思い切って筆文字にしてみるのも良い案です。
きれいな活字よりも勢いのある筆使いの文字のほうが、ピョンピョン跳ねる魚を想像できるはずです。
赤や紺色などの華やかな木板に、真っ白の筆文字で「魚」と書くだけでお店を覗いてみたい気持ちになることでしょう。
店名ももちろん大切ですが、魚を扱っていることもしっかりとアピールしたいものです。

■便利な自立看板

魚屋の看板としては、自立看板と呼ばれる種類が人気です。
自立看板とは、店舗の敷地内に設置するタイプのことです。
駐車場や建物の脇などに立てられることが多く、お店のシンボルとも言えます。
また遠くからも見えるので、店舗手前の視認効果も期待できます。
その店に行くつもりはなくとも、運転中に自立看板が目に入って関心を持ち思わず車を駐車場に入れる人も少なくはありません。
そういう人をどんどん増やすことも店舗集客へと大きくつながります。
まずはお店を知ってもらわなければ売ることはできないからです。
誘導案内的な意味合いもある自立看板は、お店の名前を書いているだけでは何屋さんなのかわかり辛いところがあります。
ひと目で魚屋であることがわかるような看板であることが望ましいです。

■木板にするということ

魚屋はどこか和の雰囲気があるので、看板の材質を木板にするのも魚屋らしさを出すための一つの方法です。
木製の場合は板に文字を彫り込むことが多く、芸術的なデザインにもなります。
世界に一つだけのオリジナル看板という魅力もあるのです。
彫り込む以外にも、デザインを木板に印刷することもできます。
年月が経つごとに木目などの味わいが深くなり、風情のある看板となることでしょう。
温かみのある雰囲気も漂います。
しかしながら、野外に設置しているために雨や紫外線のダメージを受けやすくなることも否めません。
それゆえにきちんとメンテナンスをして、大切な木板を長持ちさせたいものです。
また、看板の上に小さな屋根を付けるなどの工夫をすることで、雨に濡れにくくすることもできます。
木製の板に文字やイラストを描くことは、なかなか素人では難しくプロの技術が必要です。
プロの業者に依頼すれば、希望の木材で魚屋らしい素敵な看板が実現することでしょう。
費用もかかることなので、十分な打ち合わせをして、効果的で納得のいくものを作り上げましょう。

■のぼりを併用しよう

お店の存在や商品をよりいっそうアピールするためには、のぼりを使うことも効果的です。
自立看板のそばや店舗の脇、通路沿いなどにのぼりを立ててみましょう。
看板だけよりものぼりも併用することで、通りがかる人にインパクトを与えることができます。
「あののぼり、何だろう」と興味を持ってもらうことが集客につながります。
のぼりはその時々によって内容の異なる旗を入れ替えることができますし、コストパフォーマンスが良いことが魅力です。
設置も簡単ですし、好きな場所に移動できて便利です。
場所を取らないので収納にも困りません。
派手で目立つデザインにすれば、遠方からもよく見えてそれに引き寄せられて訪れる人もいるでしょう。
上手に活用して、お店の繁盛につなげたいものです。

■のぼりのおすすめデザイン

のぼりを制作するにあたっては、どのような内容を伝えるかが重要です。
魚屋であることは店舗の看板を見てわかる人が多いはずです。
それならば、のぼりのほうは、看板とは違う文字やイラストを描いてみましょう。
たとえばその店の自慢の商品やその季節のおすすめ品、とにかくアピールしたいサービスを一言大きく書いてみるのも良い手です。
土用の丑の日が近づいてきたなら、「うなぎ」、「おいしいうなぎ」、「土用の丑の日はうなぎを」などといった文字ののぼりを立たせてみてはどうでしょうか。
また「○○市産地直送」や「とれたて牡蠣」というように新鮮さや地元の食材であることをアピールする手もあります。
いろいろとたくさん書くよりも、何か一つだけ最も伝えたいことを書いたのぼりのほうがわかりやすいです。
ロゴのカラーも、赤や紺色など明るく鮮やかな色が魚屋に向いています。
しっかりと書かれた文字の下に魚のイラストを描くのも、購買意欲を掻き立てる効果があるでしょう。
キュートにもクールにも、その店らしさが伝わる魚を描くことでお店の雰囲気もイメージできます。
プロの業者に相談すれば、素敵なのぼりのデザインを提案してもらえるはずです。


SNSでフォローする