studio-DA 動画制作/印刷デザイン/看板製作/イルミネーション工事/店舗デザイン・外装・内装

看板/医院/病院/デザイン/クリニック/歯科【群馬県-看板】

病院や歯科医院などのクリニックにおける看板のポイント

■病院や歯科医院などのクリニックの看板に求められること

総合病院や大学病院などの大規模病院をはじめ、歯科医院、眼科や耳鼻咽喉科、皮膚科や小児科、内科などのクリニックの看板に求められることは、どんな点でしょうか。
設置する位置や目的によっても異なりますが、利用者にとって必要な情報を明確に示すことがポイントです。
病院やクリニックとしては、立地する場所の近隣に設置する道案内なども兼ねた大型の案内看板、クリニックの前やクリニックが入っているビルの前やエントランスなどに許可を得て設置する立て看板などがあります。
種類ごとに、掲載したい事柄やデザイン、スタイルなどを見ていきましょう。

■大型の案内看板の場合

病院やクリニック近くの三叉路や幹線道路沿い、来院者が道を間違えることが多い場所などに大型の案内看板を設置することがあります。
その際はどのような情報が必要でしょうか。

・名称

当然ながら病院名、クリニック名を大きく表示します。

・診療科目

利用したい方にとっては、どんな診療を受けられるのかは重要な要素ですので、クリニック名だけではわからない診療科目がある場合には明示することがおすすめです。
たとえば、歯科医院の場合、〇〇歯科医院と名称を記載すれば、診療科目は歯科であることはわかります。
ですが、虫歯治療、インプラント、矯正など、より詳細な内容を記載するとニーズに合うかわかりやすくなります。
病院の場合は診療科目が多いので、代表的なものや強調したい診療科目に絞らざるを得ないことも少なくありません。

・診療時間

病院やクリニックによって休診日や診療時間が異なります。
わざわざ来院したのに休みだった、診療時間外だったということがないよう、休診日や基本の診療時間を記載し、救急や急患受付の有無も掲載するとベストです。

・所在地や連絡先

問い合わせや予約を入れるための電話番号、所在地を示す住所を記載します。
住所は簡単な地図で代用することも可能です。

■立て看板の場合

病院前や建物のエントランス、一戸建てタイプの歯科医院やクリニックの前などには立て看板が立てられます。
特に雑居ビルやメディカルビルの内部に入居している場合、ビルの入り口やエントランス部分に許可を得たうえで設置することで、初めて来院する人の目印になるため、導入したいところです。
現在はニーズがない方も、ここに〇〇科のクリニックがあるのだとインプットされるので、必要が生じれば訪れてくれるPRの役割も果たしてくれます。

・自立看板が便利

立て看板の場合、持ち運びも便利で、どんな場所でも移動して設置できる自立看板がおすすめです。
さまざまなタイプがありますが、下に小さな車輪が付いていて、重いものを運ぶのが難しいスタッフでも、気軽に出し入れができます。
設置したい場所にコンセントがあれば、内部をライトアップして、光らせることもできるので、夕方や夜間も診療を行っているケースには便利です。

・自立看板で案内したいこと

自立看板は大型の案内看板に比べて小さいので、表示できる情報量は限られます。
その中でも、来院した人やたまたま看板を見かけた人に必要な情報を伝えられるようにしたいところです。
クリニック名、診療科目ないし主な診療内容、休診日と診療時間、電話番号を示すようにしましょう。

■デザインについて

どんなデザインを選ぶかの基本は、病院やクリニックを訪れる人に信頼感や誠実さ、安心感や品質などをアピールできるようにすることです。
病気やケガ、さまざまな不調を抱える方が病院やクリニックを選ぶ際に重要なポイントとなるのは、信頼できるか、きちんと診療が受けられるかです。
しっかり対応してくれそう、専門性が高そう、技術がありそう、初めてでも親身に対応してくれそうといったイメージを与えることがポイントになります。

・案内看板の場合

正方形や長方形のオーソドックスなタイプで、白板に黒文字が基本ですが、大学病院などのスクールカラーがある場合やクリニックでコンセプトカラーなどを設けている場合には、そのカラーをメイン色にしたり、文字色に取り入れたりすると、ほかの病院やクリニックとの差別化ができます。

・自立看板の場合

歯科医院や各種クリニックの前や入居しているビルのエントランスエリアなどに設置する場合は、安心感を与えられるものや入りやすさを与えるおしゃれなデザインがおすすめです。
予約を入れて初めて訪れる初診の患者にとって、初めての来院は緊張することや不安もあるものです。
安心感を与えるデザインやスタイリッシュでおしゃれなデザインにすると、看板に高級感が生まれ、しっかりした診療が受けられそう、専門性が高そうという印象を与えることが期待できます。

・デザインからPRを

病院やクリニックは予約して来院する方だけでなく、たまたま看板を見かけて必要が生じたときに訪れる方、今すぐ診てほしいと訪れるケースもあります。
安心感や信頼感、専門性を感じさせるおしゃれなデザイン看板で、来院を促しましょう。


SNSでフォローする