studio-DA 動画制作/印刷デザイン/看板製作/イルミネーション工事/店舗デザイン・外装・内装

リサイクルショップ【群馬県-看板】

リサイクルショップの営業をするなら看板から

■リサイクルショップの効果的な宣伝のために

群馬県でリサイクルショップを開設するなら、ぜひ群馬県の看板制作会社を活用してください。
リサイクルショップの看板は、目立たないと意味がありません。
まずは「リサイクルショップ」という文字が目に入ってくることがポイントです。
近年は出張買取の営業活動が頻繁に行われていますが、こうした会社には悪徳業者が少なからず存在する現実があります。
不自然なほどに「不用品はありませんか?」と勧誘されて、違和感を覚えた方は多いでしょう。
確かに健全な出張買取は便利ですが、売るならば店舗に行きたいという人が多いのが現実です。
店舗に看板を設置しておけば、徒歩や車などで店舗を通過したときに、存在を認識してもらえるでしょう。
大切なのは「そこに店舗がある」と知ってもらうことです。
するとその場では入店してもらえなくても、思い出したころに「不用品があるのであの店に持っていこう」と思ってもらえることがあります。

■大型看板には買取メニューの記載を

リサイクルショップのロゴを見たあとは、何を買取しているのか確認する人が多いでしょう。
リサイクルショップといっても買取対象は店舗により異なります。
買取可能な品を記載しておけば、来客の増加が期待できます。
家具・家電・雑貨などは一般的ですが、ほかにも楽器・おもちゃ・商品券などの買取に対応している店舗が多いです。
不用品回収サービスを展開しているなら、その旨をメニューに記載しておきましょう。
文字は見やすさが命なので、たとえば赤背景に白文字にするなどして目立つようにします。
メニューの文字数は多すぎると読む人が面倒になってしまうので、短時間で読めること、読みやすいことなどが重要です。

■看板のロゴは見た人の記憶を呼び起こします

看板のデザインは店舗の性格を決める大切なものです。
他店と区別化するためには、オリジナルデザインが役立ちます。
ロゴ一つで店舗のイメージは大きく変わってくるのです。
ロゴを決定するときは、制作会社とよく話し合って詰めていきます。
大切なのは看板を見た人が「この店を利用したい」と思ってくれることです。
ロゴは見た人の記憶に残りやすく、ふとした瞬間に思い出してもらえることが多いです。
設置看板を見たことをきっかけに店舗に興味を持った人が、インターネットで店舗情報を詳しく調べるなど、看板には直接的・間接的を問わずに来店を促進する効果があるわけです。
オリジナルのロゴであれば、店舗の信頼性を高めるために役立ちます。
私たちはロゴに対して無意識のうちに信頼や愛着といった感情を抱いているのです。

■さまざまな角度から見られることを想定して設置を

リサイクルショップの看板は正面に設置するのはもちろん、横にも設置するのが好ましいでしょう。
横から見たときもリサイクルショップだとわかるのがベストです。
のぼりを設置しておけば、さらに視認性は向上します。
のぼりは風でパタパタと揺れるので、時に看板以上の宣伝効果を発揮するのです。
のぼりはドライバーからも目立ちやすく、のぼりを見て店舗に来たという人は実際に大勢います。
群馬の看板制作会社なら、大きさや位置などを考慮して設置してくれます。
サイズが適切ではない、位置が下すぎる、などの理由で宣伝効果が弱くなってしまうケースは多々あるので、自力制作・設置は避けてプロに任せる必要があるのです。
看板やのぼりは一度設置すれば、何度も交換するものではありません。
そのため専門店に制作を依頼しても、宣伝費用は非常に安く抑えられるわけです。

■新規開店やリニューアル時にも活躍

新しいものには弱いという人は多いでしょう。
新規開店やリニューアルという言葉を聞くと、普段は関心がなかった人が興味を持ってくれるケースがあるのです。
看板やのぼりはリサイクルショップの印象を左右します。
新規開店やリニューアルなどの文字を見て、入店を決めるという人は非常に多いです。
こうしたタイミングでうまく宣伝しておけば、リピート客を獲得するうえで有利です。
サービスに満足できれば、次も利用してもらえる可能性が高くなります。
サービスの良し悪しを伝えるためには、何よりも店を一度でも良いので利用してもらう必要があります。
リピート客を確保するきっかけとなるのが看板やのぼりというわけです。

■専門店に制作依頼をする強みとは

リサイクルショップの看板やのぼりは自作するという店舗がありますが、費用対効果を考えると好ましくありません。
どの位置に設置するか、どのような看板を選択すれば良いか、文字やロゴはどうするか、などはプロに相談して詰めていくのがおすすめです。
もちろん最終的な決定権があるのは依頼者ですが、なんのアドバイスもせずに依頼者の希望をすべて受け入れてくれる制作会社が良い会社とは言い切れません。
プロから見て宣伝効果が思うように発揮できないと考える場合は、その旨を伝えてくれる制作会社が理想です。
看板やのぼりを設置する理由は、何よりもリサイクルショップの売上を伸ばすためだからです。


SNSでフォローする