studio-DA 動画制作/印刷デザイン/看板製作/イルミネーション工事/店舗デザイン・外装・内装

ホテル【群馬県-看板】

ホテルの看板は大きく一発でわかるようなものがベスト!

■ホテルの名前を無意識にでも覚えてしまうくらい看板を目立たせる

人はどこかで1回見たことがあるものや目にしていて知っているものだと安心する部分を持っています。
ホテルも特に全国にあるような場合、自社を選んでもらうためには名前を知ってもらうということが重要です。
地元の人の場合はそんなに何回も近くのホテルに泊まることがなくても、どこかに遊びに行ったときに知っているホテルの名前を見たら安心して選んでくれる可能性があります。

■旅行客などを誘導する役割になる

地元の人はまだその土地にも慣れていますし、少し奥まっていて複雑な道もわかります。
しかし、旅行客の場合は初めてその土地に来る方も多く、迷ってしまいます。
大きく皆が見るような場所に看板を掲げ、ホテルの名前と道案内をしてあげるだけで泊まりに来たお客様は安心するのです。
中には、旅行に来ただけで、まだ今晩泊まる宿を予約していない方もいるかもしれません。
その場合でもホテルの看板を掲げておけば、この近くにあるとわかりほかのところではなく自社を選んで来てくれます。

■泊まりたいと思ってもらえるようなイメージを持たせる

何も写真や色がなく、ホテル名と道順だけ書かれていたら少し不安になります。
人によって泊まりたいと思っているホテルのイメージがありますし、行く前になんとなくで良いからどんな雰囲気かを知りたいと思っているのです。
そのため、部屋の写真やホテルの外観などを一緒に看板に載せてあげると、これから泊まる際に安心できます。
一緒にシンボルマークなど何か載せたいものがあれば、積極的に看板に付けましょう。

■ホテルの中のサービス内容もおすすめ

大きな看板ですので、ホテルの外観とともに、一押しのサービス内容があれば一緒に載せましょう。
レストランやバー、温泉など、何かほかのところとは違うという特徴があれば宣伝した方がお客様は興味を持ってくれます。
お風呂もお部屋の中にあるものではなく、別の大浴場があれば良いと感じている方が看板を見て温泉もあると知ったら喜んで来てくれるのです。
バイキングや遊び場があれば、そういった写真も載せると親子連れの方に好評でしょう。

■案内板は必ず出そう

ホテルの近くに来たときに、迷わないようにするためにも案内板は必ず出しましょう。
そして、大きく道案内の地図を書きます。
目印になるものを書き、初めての方でもスムーズに来られるように心がけましょう。
なんだか入りたくなるような色使いや文字の書き方、デザインも重要です。
シックでおしゃれな看板であれば良いのですが、あまりにも暗い印象でなんか入るのを躊躇ってしまうような印象は良くありません。
明るさがあるサービスなどがあれば、色が明るいほうが目立つでしょう。
ほかにも高級感を出したいときには、白にワインレッドなどを使うなど工夫をして案内板を作成しましょう。

■屋上看板も重要

ここにホテルがあると知ってもらうためには、大々的にわかってもらえるよう屋上看板も上手に活用しましょう。
ホテルに限らず、大手の企業広告などをビルの屋上に大きく掲げているのは一般的です。
信号待ちをしているときや少し上に目線を上げると屋上看板は目に入ってきます。
建物から少し離れていてもハッキリと見えて、なんの企業の広告か見やすいためおすすめです。
あまり細かくいろいろごちゃごちゃ書いてしまっても逆にわかりにくくなってしまうので、ホテル名と地図、電話番号や特徴を大きな文字と目立つ色で宣伝しましょう。

■突出し看板もおすすめ

歩道を歩いてホテルを探しているときや車でここら辺にあったはずなどと思いながら探している突出し看板があるとわかりやすいです。
建物が奥まっている場合や同じくらいの大きさのビルが立ち並んでいると正直見つけにくいものです。
そんなとき、上をキョロキョロ見ているときに飛び出している看板があれば目につきやすく、迷わずにたどり着けます。
実際に突出し看板を利用しているお店は多く、歩道を歩いていたり車で走行していたりするときに目印にしている方も多いです。

■懸垂幕でキャンペーンを伝える

期間限定で行っているキャンペーンやお客様に見てほしいことがあれば懸垂幕を上手に使って宣伝しましょう。
ブライダルフェアやレストランなどでキャンペーンを行っている場合など、ホテルでの宣伝にもよく使われています。
縦長の布も結構な大きさですので、文字も大きくでき遠くからでもお客様に宣伝できます。
入り口付近の建物の壁にそれなりに大きい懸垂幕があると、自然と目がいくので上手に活用しましょう。

■おすすめな看板設置場所

これまでホテル付近の設置場所を紹介してきましたが、旅行客をターゲットに宣伝したい場合は、新幹線から見える野立看板がおすすめです。
意外と新幹線に乗っているときというのは、景色を見てボーっとしている方も多くいます。
そこで大きい文字でホテル名が飛び込んでくればなんとなくでも、見てしまうのです。
さらに魅力的な施設やサービスがあるとわかれば、興味を持って利用してくれる可能性も高まります。


SNSでフォローする