studio-DA 動画制作/印刷デザイン/看板製作/イルミネーション工事/店舗デザイン・外装・内装

ピアノ教室/音楽教室【群馬県-看板】

ピアノ教室や音楽教室の看板に自作するより安いおしゃれな表札がおすすめ

■ピアノ教室や音楽教室の看板にはどんなものがある?

ピアノ教室をはじめ、バイオリンやサックス、ボーカルなどの音楽教室の案内をする看板にはどんなものが利用されているでしょうか。
大手の音楽スクールと異なり、個人で自宅などの一角でピアノ教室や音楽教室を開く場合、地域や自宅の形態、生徒さんの募集形態や規模などによっても、ニーズが異なってきます。

■住宅街で積極的に生徒を募集したい場合

住宅街の一角などにある一戸建てのお住まいで教室を開く場合で、近隣の子供を中心に、家庭の主婦やシニアなど、どんどん生徒さんを募集したい場合はどのようなスタイルが良いのでしょうか。
地域の方を中心に募集したい場合、その地域で目に留めてもらう必要があります。
地域の人が集まる場所の近くや公園、小中学校の通学路などに許可を得て、大きめの案内看板を設置するほか、少なくとも自宅には1m程度の看板を設置するのがおすすめです。
門の前か、通りを囲むフェンスや塀などに設置するものです。

・おしゃれなデザインでわかりやすく

看板というと名称や連絡先などが記されるだけのシンプルで、ある意味、無機質でそっけなものをイメージされるかもしれません。
ですが、ピアノ教室や音楽教室なら、習ってみたくなるようなワクワク感があるものや親しみやすさや楽しい印象を与えるデザインがおすすめです。

・柔らかなカラー

自宅の一角に掲げるので自宅のデザインや外観やお庭の雰囲気、周囲の景観などにも合わせる必要はあるものの、柔らかなカラーを使うのがおすすめです。
ピアノ教室や音楽教室の生徒さんは女性やお子様が多く、また、先生自身も愛らしいものを好む方が少なくありません。
桜色やベージュがかかった桃色など、落ち着きのあるピンク系は人気です。

・楽器や楽譜のイラストを

文字だけの看板ではなく、通りがかりに目に入ってすぐになんの教室なのかがわかるよう、イラストを入れることもおすすめです。
ピアノ教室ならグランドピアノ、そのほかの音楽教室ならメインで教える楽器に合わせバイオリンやトランペットなどを描きます。
楽譜や音符マークのイラストは、楽器のジャンルを問わず、ボーカルレッスン教室などにも適しています。

■プライベート教室の場合

近年は少子高齢化の影響で、近隣だけでは生徒さんが集まらないケースも増えてきました。
お子様の習い事も多様化しているため、ターゲットもお子様に限定せず、シニア層や男性も含め、幅広い方にアプローチする先生も多いです。
アプローチ法も、子供が多い時代なら地域に看板を出すだけで、近隣からどんどん生徒さんが集まってきましたが、今はより広域にアプローチする必要があります。
そこで、インターネットを使って、ホームページやブログ、SNSで生徒募集をかける先生が多くなりました。
限定された地域で生徒募集をするのとは異なり、ネットで音楽教室の存在をアピールするとなれば、全国どころか世界に発信されてしまいます。
法人運営の大きなスクールと異なり、開催場所はあくまで個人宅のため、細かい住所は教えず、申込者や体験入会の方のみにお教えするケースも少なくありません。
近年増えている、いわゆるプライベート教室の場合、目立つ看板ではなく、訪れた生徒さんにわかる範囲で小さな看板を付けたいニーズがあります。
たとえば、表札の横やインターフォン付近に、楽譜や楽器のイラストが入ったプレートに教室名を表示するようなデザインです。

■マンションの場合

マンションの場合、マンション管理規約により、不特定多数が出入りする営業ができない場合がありますが、許可が得られた場合にピアノ教室や音楽教室を開催する場合、どのような看板が適切でしょうか。
ほかの住人の方に不快感を与えないことが必要ですし、先生としてもほかの住人の迷惑にならないよう運営したいと考えています。
もっとも、外部からやってくる生徒さんにとっては、エントランスで慣れないインターフォンを鳴らす場合や似たような住戸が並ぶマンションでピアノ教室や音楽教室にやってくるのは不安になるものです。
そのため、生徒さんの目に触れる可能性のあるエントランスに設置された郵便ポストの表札や自宅玄関前の表札として、音楽教室であることがわかるイラストやスクール名が入ったものを用意するのがおすすめです。

■自作するより安いおしゃれな表札

一戸建てやマンションのプライベート教室などを運営する場合、ポストに入れる表札を紙で作って入れ替える方や玄関前に木製のボードやレプリカなどをかけておくという方も少なくありません。
個人事業主という立場もあり、なるべく低コストに抑えたいから自作という方は多いです。
もっとも、生徒さんが増えるにつれ、もう少し立派なものがいいかなと素材やデザインを変えて作り直すケースも多いです。
DIYは安上がりに思えて、いろいろな部材や道具を用意する必要があるので、かえって高くつく場合もあります。
プロに任せれば、それぞれのピアノ教室や音楽教室のイメージに合った、おしゃれな表札や好みのサイズの看板が自作よりお安い費用で完成します。


SNSでフォローする