studio-DA 動画制作/印刷デザイン/看板製作/イルミネーション工事/店舗デザイン・外装・内装

パン屋/サンドイッチ【群馬県-看板】

街のパン屋さんはおしゃれなA型看板で人目を惹こう

■住宅街や街中のパン屋さんの集客方法

全国各地にパン屋さんがあふれ、パン好きの人が驚くほど多い世の中になりました。
そんな中で、たくさんの人にお店の存在を知ってもらいファンを増やして生き残るためには、効果的な集客が重要です。
「ここにおいしいパン屋がありますよ」と大勢の人に気付いてもらうために役立つのが、看板です。
看板はお店の目印にもなりますし、商品を紹介するうえでも欠かせません。
できるだけその店舗に合った看板にすることで、初めて来た人にインパクトを与えることができます。
お店の雰囲気や扱っているパンについて、看板を見ただけで想像できるのが理想です。
一言にパン屋といえども、こだわりは店舗によってさまざまです。
米粉パンのお店もあればサンドイッチ専門店もあります。

■イートインできるのならそれも看板に

わかりやすく明記しておけば、お腹を空かせたパン好きのお客様がどんどん来てくれることでしょう。
いろいろなタイプの看板がある中で、かわいいパン屋に適しているのはA字型のものではないでしょうか。
次にA字になっている看板についての魅力について、紹介していきます。

■A型看板のメリット

A型看板とは、A字型にパタンと畳めるようになっているものです。
このタイプは飲食店や美容院など多くの店舗で使われており、メリットも多岐にわたります。
まず1つめに、両面に描けるので両側から見ることができて大勢の人の目に留まることが挙げられます。
特に、街中の小道のように人通りのある立地なら、できることなら左右どちらを歩く人にも見てほしいものです。
二面あるA型であれば、あっちからもこっちからも見てもらうことが可能です。
また両面に文字やイラストを描けることから、たくさんのサービスや商品をアピールできます。
パンの種類が豊富なお店であれば、おすすめメニューや限定メニューなどしっかり宣伝したいことでしょう。
さらに商品イメージを伝えるために、写真やイラストを載せたいと考えるかもしれません。
店長からのメッセージも書きたいなとどんどん欲が出てくるのではないでしょうか。
片面しかない看板では、なかなかそれらすべては実現しません。
けれども両面使えるA型タイプなら、欲張りな宣伝も可能です。
お店の扱う商品サービスについても、道行く人が具体的に把握しやすいのではないでしょうか。
さらにペタンと閉じて動かせるので、場所の異動もできて収納に困らないのも魅力です。
外壁や屋根に備え付いた看板とは違い、閉店すれば店内奥へとしまうことができます。
雨の日も店内に収納できるので、看板が劣化しにくく長持ちします。
ペタンと畳んでしまえば、狭い店舗でも邪魔にならずに収納できて便利です。
そして見た目もおしゃれであることも、A型看板の良さと言えるでしょう。

■サンドイッチメニューを黒板に書こう

季節の食材を使った日替わりや週替わりのサンドイッチなどを扱っているお店も多いのではないでしょうか。
日々商品が変わるのであれば、その旨も看板でぜひとも伝えたいものです。
そこで役に立つのが、黒板です。
A型看板の中には、片側もしくは両面が黒板になっているタイプも多くなっています。
黒板はチョークで描いてものを黒板消しやティッシュで気軽に消すことができます。
毎日違う商品を宣伝したいときに、非常に重宝するのです。
サンドイッチメニューであれば、パンの中に挟んでいる具材について具体的に紹介すれば良いでしょう。
照り焼きチキンやBLTサンド、フルーツサンドなど詳しく内容を書けばお客様もわかりやすいです。
チョークはピンクやブルー、グリーンなどカラーも豊富なので、パンのイラストを描くのもかわいいです。
チョークを使いこなせば、人目につく素敵な看板メニューが実現します。
書き間違えても消すことができるのも黒板の良さです。
初めはチョークをうまく使えない人も、だんだんと慣れてくるはずです。
今は黒板用のペン類も販売されているので活用してみましょう。

■昭和レトロなおしゃれなデザインも

中には、昭和の時代から続く老舗のパン屋も見られます。
懐かしいコッペパンやピロシキ、笑顔になれるクリームパンなどはいつの時代もみんなの大好物です。
そんな老舗パン屋は、ぜひとも看板も昭和のレトロ感を出してみましょう。
レトロでかわいらしいデザインの看板にすれば、それだけでお客様が興味を抱いて寄って来てくれるはずです。
パン好きな人は多いですが、さらに懐かしい昔の味のパンだとわかれば、食べてみたいと購買意欲も湧くに違いありません。
子供のときの給食に出てきたようなパンを思い出し、店内へと足を運んでくれたら何よりではないでしょうか。
看板を考えるときは、ロゴやデザインもその店らしさが出るようなものを考えることが大切です。
そのためにはコンセプトを定かにして制作にあたり、業者に依頼する場合はじっくりと打ち合わせすることが必要です。
看板で老舗店の魅力をしっかりと伝えていきましょう。


SNSでフォローする