studio-DA 動画制作/印刷デザイン/看板製作/イルミネーション工事/店舗デザイン・外装・内装

スポーツジムやパーソナルジムの看板の種類

スポーツジムやパーソナルジムの看板はどんなものがおすすめ?

■スポーツジムやパーソナルジムに必要な看板の種類やスタイル

スポーツジムやパーソナルジムに必要な看板には、どのような種類があるでしょうか。
また、どのようなスタイルやデザインのものを設置すれば、集客につながるのか確認していきましょう。

■スポーツジムの場合

比較的規模も大きく、受付があり、会員が好きな時間に使えるマシントレーニング室を備え、複数のプログラムを用意しているような一般的なスポーツジムの場合は、どのような看板が必要でしょうか。

・定番の種類とライトアップ

専用駐車場がある大型施設などの場合は、銘板をはじめ、壁面看板や屋上看板などの設置がおすすめです。
夜間も営業していることが多いため、屋外看板にはスポット照明を取り付けるなどして外照看板とすることで、夜間の視認性を高めます。

夜間に来店する会員のみならず、周辺の道路を通行、走行する人たちに、ここにスポーツジムがあるということを宣伝することにもつながります。

・壁面看板でアピールしたいこと

軽量かつ耐久性の高いアクリル板にインクジェットシートで写真やイラスト、文字などのデザインを出力して貼り付けたものを装着する方法が一般的です。

大規模で常に会員を募集している場合は、会員募集の広告でも良いでしょう。
営業時間などを案内し、さまざまなライフスタイルの方が利用しやすいことをアピールする方法もあります。

また、イチオシのマシンを利用しているモデルの写真などで、スポーツジムらしさをアピールするのもありです。

■24時間制の無人ジムの場合

ライフスタイルを問わず、気軽にいつでも利用しやすいと人気を集めているのが24時間いつでも利用できる、トレーナー非常駐のスタイルです。

会員専用のカードキーを使って自由に出入りができる仕組みで、無機質な感じやスタイリッシュな印象を与える店舗構えになっています。

・内照看板がおすすめ

24時間営業ですので、銘板のライトアップは欠かせません。

外照看板でも良いですが、メンテナンスの手間を抑えるにはLEDを使った内照看板がおすすめです。
スポット照明を取り付けた場合、電球交換などの手間がかかります。

トレーナーや受付スタッフが常駐しているわけではないので、夜間に電球が切れても気付かれないまま、放置されてしまうリスクも少なくありません。

これに対して、長寿命のLEDを使えば、電球交換の手間がかからず、電気代も抑えられるので長時間のライトアップが必要な24時間ジムに適しています。

ライトアップは夜間に訪れる会員に安心感や利用のしやすさを与えるだけでなく、不審者が簡単に近寄れない心理効果をもたらすなど防犯対策にもなり、周囲を通行する人への宣伝効果にもつながります。

■パーソナルジムの場合

パーソナルジムは顧客ごとにトレーナーがマンツーマンでついて、一人ひとりに合わせたトレーニングを行えるジムです。
トレーナーが1人のところをはじめ、トレーナーが複数揃って個別ブースで一度に何人もトレーニングができる規模の大きなところもあります。

パーソナルトレーニングでも、会員は常に募集していることも多く、初めて体験に訪れる人や興味を持っている人にアピールするうえでも、店舗の存在をアピールする各種看板は不可欠です。

・安心感や信頼性を高める銘板

店舗名を建物正面やエントランスに掲げる銘板は、初めての方や、マンツーマン指導に不安がある方も安心して入ってこられるよう、アットホームな落ち着きある雰囲気や信頼性が増す高級感とスタイリッシュさを兼ね備えたおしゃれなデザインがおすすめです。

・壁面看板やスタンド看板

建物一つを使っているケースやビル内でも外壁が使えるケースなら、壁面看板を設置し、ビルの内部などの場合はエントランスにや入り口にスタンド看板などを設置しましょう。

パーソナルトレーニングを希望する人の多くが目的とする、メリハリボディをイメージしてもらうため、引き締まったボディのモデルの写真をインクジェットシートに出力してアクリル板などに貼り付ける方法やモニターのビフォーアフターの写真などを貼り付ける方法などがあります。

■プライベートジムの場合

プライベートジムはトレーナーが1人や少数で、マンションの1室や自宅の一角、リノベーションした古民家などにて完全予約制で運営されています。

大々的な会員募集は行わず、ホームページやブログ、SNSなどを通じて募集をかけ、会員以外には具体的な住所も公表しない運営スタイルが一般的です。

近隣住民やマンションの住人に迷惑などをかけないよう、ひっそりと隠れ家的に運営するケースも多いので、外側に目立つ看板は取り付けないケースが多いです。

もっとも、初めて訪れる人などにとっては、なんの表示も出ていないと不安になる場合や信頼性に疑義が生じます。

玄関前の表札やポスト表札をはじめ、マンションの扉前にプレート銘板を付けるなどが必要です。
高級感やスタイリッシュさ、ポップさなど、トレーナーのこだわりやジムのコンセプトに合うデザインで演出しましょう。


SNSでフォローする