studio-DA 動画制作/印刷デザイン/看板製作/イルミネーション工事/店舗デザイン・外装・内装

イタリアンの看板づくりで押さえておきたいこと

イタリアンの看板づくりに大切な事は何?

■写真を活用しておしゃれを演出

イタリアンの看板はおしゃれデザインを強調しましょう。

文字だけではおいしさを伝えるのが難しいので、写真を盛り込むのがおすすめです。
イラストと比較しても、より食欲を掻き立ててくれるのです。

どこで食事をしようか迷っているとき、おいしそうなイタリアンの写真が目に飛び込んできて、店舗に入ることを決めたという人は意外と多いでしょう。
写真は視覚に影響を与え、脳を刺激する作用があるのです。

A型看板であれば店名に加えて、その日のメニューなども入れやすいです。
折りたたみができるので場所を取りませんし、軽量なので女性でも簡単に移動させられます。
より本格的な雰囲気を演出するなら木製看板がおすすめです。

■看板のデザインはプロにお任せを

群馬県でイタリアンの店舗を開店するなら、群馬県の看板制作会社に看板制作を依頼しましょう。

自作をすることは可能ですが、イメージを具現化するのは簡単ではありません。
実際に制作してみたけど、イメージからほど遠くなったという話は多いです。

プロにデザインを任せるメリットは主観が入らないことです。
自作すると主観や好みがどうしても入ってしまうので、十分な集客力を発揮できない可能性があります。

プロはあくまでも来客者のことを最重視し、客観的に判断してデザインを決めてくれるのです。
集客力は売上、利益に直結する問題ですから、制作はプロに任せたほうがいいわけです。

既製品を購入すれば安上がりですが、店舗のイメージとミスマッチすると困ります。
専門店で制作すれば店舗の雰囲気を損ねない看板づくりが可能です。
もしお困りのことがあればまずは一度ご相談ください。

■時間帯によって異なる雰囲気を演出する

日中と夜間では店舗の雰囲気がガラリと変わるイタリアン店は多いでしょう。
日中はおしゃれな雰囲気の店舗が、夜間になると落ち着いた雰囲気になったりするわけです。

外照看板であれば夜間でも店舗名・メニューなどを明確に見せることができます。
内照看板よりも視認性が良く、また大きなサイズにも対応できるメリットがあるのです。
使用する際にはスポット照明も必要になるので、こちらもおしゃれなものを選択しましょう。
照明の形状・照度によっても店舗の雰囲気は変わってきます。

イタリアンの看板制作では、営業時間を考慮してデザインを決める必要があるわけです。
日中・夕方・夜間ではそれぞれマッチする看板が変わってきます。

■看板の存在意義は見てもらうこと

イタリアンレストランかどうか判断するときは、多くの人が看板を見ています。
ショーウィンドウで店舗の種別を判断するという人はあまりいません。

特に女性はおしゃれ、かわいいなどのイメージに敏感です。
看板に引き寄せられて入店を決めたという人は少なくないのです。

看板は地味すぎては発見してもらえないので、ある程度遠方からでも目立ち、文字を認識できることが重要になります。
看板のデザインは自然と目に入ってくるのがベストです。

道路沿いにある店舗であれば、ドライバーから見えるように大型サイズにするのがおすすめです。
特に車の走行速度が速い場所ならば、視認性を高めるための工夫が必要になります。

一方で、徒歩で通行する人が多い歩道沿いに店舗があるなら、小型のA型看板でも問題はないでしょう。
あまりにサイズが大きすぎると、店舗とのバランスが悪くなります。

■おしゃれなデザインを実現するために

ネット通販で既製品の看板を購入する手もありますが、他店との区別化を図るためにはオリジナルデザインがおすすめです。
オリジナルのメリットは、相手の印象に残りやすいことです。

無地タイプであれば手書きでメニューを書くのに適しており、ランチメニュー時によく活用されます。
写真やイラストを配したタイプと比べて、価格は大幅に安価に抑えられています。

おしゃれなデザインの定義は人により異なりますが、一般的に大衆受けするものを選んでおけば問題はありません。
ただし店舗のイメージは反映させる必要があります。

家族向けやランチ向けなどの大衆店はカジュアル、特別な日に楽しむような高級店ならばフォーマルを意識します。
看板制作の専門店に任せれば、店舗にピッタリのデザインを実現できるでしょう。

■雰囲気が特に重要なのがイタリアン店

和食や中華レストランと比較して、イタリアンレストランは雰囲気がより重要だと言われています。

日本人は和食や中華とのなじみが深く、常日頃から食べている人が多いためか、店の雰囲気はあまり気にしないという人が目立ちます。
一方で、イタリアンを頻繁に食べる人は少ないのが現実でしょう。

それゆえ、イタリアンの店舗は、より雰囲気づくりが重要になるのです。

雰囲気は非常に大切なもので、雰囲気の良し悪しで店の利用を決める人は少なくありません。
自分は雰囲気など気にしないという人も、実際は無意識のうちに気にしていることが多いわけです。

良い雰囲気づくりは売上に直結すると考えて間違いはありません。
雰囲気が良いだけで、また来たくなるのが人間の心理です。


SNSでフォローする