studio-DA 動画制作/印刷デザイン/看板製作/イルミネーション工事/店舗デザイン・外装・内装

低コストなのにおしゃれなアクリル看板とは

おしゃれでスタイリッシュなアクリル看板を低コストにオーダー

■アクリル板の看板が人気

アクリル板は感染症の飛沫対策として注目を集めていますが、かねてより看板として活用されてきた素材でもあります。

耐候性にも優れ、透明でスタイリッシュ、文字やロゴなどのデザインも演出しやすいので、屋内および屋外看板としてさまざまな場所や用途で利用されています。

会社や事務所の銘板、マンションサイン、お店看板や室内のカウンターサインやトイレ表示に至るまで、さまざまな場面で活用が可能です。

アクリル板の具体的な活用場面やデザインの工夫例などについてご紹介します。

■文字やデザインの演出法も多彩

アクリルは耐候性や耐久性にも優れるうえ、透明の素材をベースにできるので、文字やロゴなどのデザインを入れるのに最適な基盤となります。

透明なので、どんな色でも映え、デザインを貼り付けるのも簡単だからです。

具体方法や事例を見ていきましょう。

・切り文字でスタイリッシュに

切り文字はイメージが湧きにくいかもしれませんが、文字の一つひとつを切り取って取り付けるような感覚で、ベースとなるアクリル板に対して、凹凸ができて、浮き立つ文字です。

立体感が出るので文字に存在感があり、視認性を高めることができます。

文字のデザインや色によって、スタイリッシュなイメージにも、ポップなイメージにもできるのも魅力です。

そのため、企業のオフィスや士業の事務所やクリニックの銘板やマンションやアパートのサイン、幼稚園や保育所、飲食店やショップなど幅広く利用されています。

・カッティングシートでおしゃれに

カッティングシートは、色の付いたシートから希望数文字や、描いたイラストの部分だけを切り出して、転写シートを用いて透明のアクリル板に貼り付けられる方法です。

紙に印刷して色を出す方法ではなく、もともと色が付いたシートから文字を起こすことやイラストを切り出していくので、印刷の場合に比べて、色ムラが起こらず、発色が美しいのが魅力です。

水に強く耐候性もあるシートなので、屋外にも使えます。

データ入稿によるオリジナルデザインの文字やロゴなども、簡単に制作できます。

・インクジェットシートで気軽にオーダーメイド

インクジェットシートは会社のロゴマークやキャラクターなどを完全オリジナルで、イラストレーターやフォトショップで制作して、データとして入稿することで、専用機材で印刷して、透明のアクリルボードに貼り付けて看板を作る方法です。

フルカラー印刷で多彩な色を使え、写真印刷にも対応できます。

切り文字などに比べて、費用が安いうえ、お客様が作成したオリジナルデザインをそのまま看板にできるのが魅力です。
インクジェットシートは印刷なので、すぐに色が褪せそう、水に弱そうと思われがちです。
ですが、実は耐候性もあり、屋内設置だけでなく、屋外設置でも利用されています。

屋外看板専用出力機で溶剤インクジェット出力することで、水でにじむ心配もなく、UVラミネート加工を施すことで紫外線による退色も抑えられます。

■サインにもおすすめ

透明度のあるアクリル板は、各種サインでも人気のアイテムです。

クリアアクリルのスタイリッシュなマンションサイン 、企業やサロン、ショップの受付などに置くガラス色アクリルのカウンターサインなどが人気を集めています。

・トイレサイン

トイレへの案内がひと目でわかる案内プレートも、アクリル加工は人気です。

アクリルへのカット加工やレーザー加工のみで、男性、女性や身障者向けのピクトや文字表記が可能です。
無機質な雰囲気になりにくいトイレ案内表示も、施設の用途や建物のインテリアなどに合わせて、こだわりのデザインを演出できます。

■ネオンサイン

アクリルは透明なので、夜間にLED照明などでライトアップしても、文字色やイラストなどが、そのまま浮き立って見えるのが魅力です。
そのため、内照看板をはじめ、夜間に光らせたいネオンサインや照明器具を取り付けてのライトアップを行う際にも活用されています。

・袖看板や壁面看板

雑居ビル内の店舗をはじめ、道路上や奥まった場所にある店舗など、歩行者や車からなんのお店か、お店の場所を発見しやすいように取り付ける屋外看板です。

夜間も視認性が高められるよう、アクリルと塩ビシート素材で耐久性を高めたうえで、電材交換が不要で省エネ性能に優れたLEDタイプが選ばれています。
LEDを選ぶことで、電気代などのランニングコストも安いです。

・電飾サイン

さまざまなデザインができる電飾サインでも、シリコンゴムとアクリルでお店にちなんだ形などを作り出し、中にLED照明を入れこむスタイルも新世代のネオン風サインとして注目されています。

LEDを使用するので、低電圧の省エネなうえ、従来タイプのガラス製のネオン管のように割れる心配がなく、安全性が高いのも魅力です。

居酒屋ならビールジョッキ、カフェならソフトクリームの形を作り出すなどでき、SNS映えもして、他店とも差をつけられます。


SNSでフォローする